人には聞きにくい妊娠中の性行為について

人には聞きにくい妊娠中の性行為について

妊娠している夫婦の人に言いにくい悩みは妊娠中にセックスしても大丈夫なのか、という事。結論を言うと妊娠中でもセックスしても大丈夫です。

 

 

ここでは人には聞きにくい妊娠中の性行為について解説していきます。・妊娠していても性行為はできる セックスをする事によってオルガニズムに達してしまい、子宮が収縮して流産や早産を起こす事を心配する人もいます。確かに妊娠中のセックスで気を付けないといけない時もあります。それは、切迫流産や切迫早産の可能性が高い時や、安静を言い渡されている時などです。

 

 

他にも何か体に異常を感じるのに性行為をしてはいけません。妊娠中期にもなれば、安定感も強くなり気分的にも落ち着いてセックスができるでしょう。・妊娠中の性行為の体位 妊娠している女性のお腹に負担がかかるような体位は避けるべきです。特に気を付けないといけないのは、女性のお腹に体重をかけるような体位です。

 

 

もしも、男性が上になる体位の時には、男性が両腕を使い自分の体重を支えるようにします。また例えば女性が上になる体位は妊娠中に適しているでしょう。騎乗位や座位など無理がいかないように自分でコントロールがしやすい体勢がいいでしょう。また横向きの姿勢や後ろから抱きかかえ上げる体勢、四つん這いになる姿勢もお腹に負担がかからないので、側位や背面座位、あとは後背位なども良いです。

 

 

ただ、あまり深くは挿入してはいけない状況であるのに、深い挿入ができる体位なので、リードする側の人間がしっかりとコントロールしましょう。ちなみに、妊娠中は既に妊娠している状態なのですから、コンドームはしなくても大丈夫です。大切な赤ちゃんがお腹にいるのだから、悪影響が出そうな事は避けよう、とは夫婦の多くは頭によぎる事ですね。確かにそれは間違いではないです。

 

 

しかし、何から何まで禁制してしまっては逆にストレスを抱える事になりますので、妊娠中のセックスも工夫してすれば大丈夫です。